TOP>Q&A

Q&A 太陽光発電システムについての疑問にお答えします

Q.電気はどうやってつくられるのですか?

A.太陽の光を受けた太陽電池は、直流電気を発生します。それをインバーターで交流電気に変換することによって、家庭などで使用することができます。

▲  ページトップへ

 

Q.電気がつくられているのは、どうやって分かりますか?

A.太陽電池モジュールに光が当たると運転スタート。光が当たらなくなると運転ストップ。発電量はモニターで確認することができます。発電した電気が余れば、電力会社に電気を売ることができ、足りないときは従来どおりに電力会社から電気を買うことができます。

▲  ページトップへ

 

Q.どんな場所でも、どんな屋根にも取り付けられるのですか?

A.A.家庭の屋根や学校、ビル、マンションの屋上などあまり使われていないスペースを有効に活用できます。ただし、電柱や木の陰などの影響があると、設置できない場合もあります。設置にあたっては、屋根の角度や家の向きなどあらゆるデータを解析して、一番効率よく発電する方法をご提案します。

▲  ページトップへ

 

Q.操作は難しくありませんか?

A.すべて自動運転なので、日々の操作は一切ありません。

▲  ページトップへ

 

Q.1ヶ月の電気代は、どれくらいお安くなりますか?

A.お客さまの屋根面積、太陽光パネルの設置可能枚数、ご家族の構成、現在ご使用の光熱費によりさまざまです。わたしたちがベストプランをご提案します。

▲  ページトップへ

 

Q.寿命はどれくらいですか? 電気代とくらべてお得ですか?

A.太陽電池は可動部分がないので、本質的に長寿命です。モジュールについては20~35年の期待寿命がありますが、 メーカーの保証期間は10~20年です。ただし、1970年代の初期の製品でも40年以上稼働している実例があります。

▲  ページトップへ

 

Q.太陽光発電システムの導入コストは、売電することによって、どれくらいの期間で回収できますか?

A.太陽電池は可動部分がないので、本質的に長寿命です。モジュールについては20~35年の期待寿命がありますが、 メーカーの保証期間は10~20年です。ただし、1970年代の初期の製品でも40年以上稼働している実例があります。

▲  ページトップへ

 

Q.メンテナンスは、どれくらい必要ですか?

A.太陽電池は可動せずに発電するので、本質的に故障しにくい製品です。万が一故障しても、その部分だけ交換すれ ば正常に復帰します。パワーコンディショナなどの周辺機器は家電製品と同じ仕組みです。10~15年に一度交換 (基盤交換で4~5万円)が必要です。また、売電メータは、計量法に基づき10年に1度交換が必要です。

▲  ページトップへ

 

Q.非常時には、どんな風に役立ちますか?また、非常時に備えて蓄電するにはどうしたらいいのですか?

A.晴天の昼間であれば、専用コンセントから最大1500wまで使用ができます。非常時に備えてバッテリーに電気を 貯めておくことは可能ですが、家庭用に普及するにはハード面、メンテナンス面、価格面でまだ課題があります。

▲  ページトップへ

 

Q.引っ越しする際には、新居に移設することはできますか?

A.移設は可能です。ただし屋根形状および屋根材の変更がある場合は、移設工事費とは別に追加費用がかかります。

▲  ページトップへ

 

サービス紹介

お問い合わせ

実績紹介

CHAN LUU 通販

ソーラーメンテサービス東北株式会社

PROJECT-USAMI Supportd by Date fm 77.1MHz 「OBLIVION DUSTのIn My Radio Field」
毎週土曜日18:00~18:30 絶賛放送中!!